不労所得への道

不本意ながら首をきられました。人生設計の転換を迫られています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何をやるか...

前回のブログで目標は立てましたが、いつまでに達成するかが忘れていました。
現在借金と言えば住宅ローンのみ、しかもあと280万円程度ですから、早く返済して担保に使えるかと考えています。
もし失敗したら、無駄に広い実家にお世話になるか。
おっと話がそれましたが、不労所得の代表と言えばアパーット経営でしょうか、不景気の今でも沢山の成功者がいらっしゃるようです。
私の従妹も数年前から始めました。セキスイの賃貸は質も良いのか今のところ満室のようです。
しかし、私はアパート経営は手を出さないつもりです。勉強がてら研究はしてみようと思いますが、別の方(ハウスメーカーは違います。)少子高齢化、空室リスク、修繕費用投資にリスクはつきものですがね。まあ将来の夢としておきます。

さて本日の本題「いくつまでに達成すか?」、すばり55歳とします。何故なら末っ子の長女が卒業するからです。
ホントは4代卒の59歳(順調にいけば)までとしたいところですが、余裕をもちすぎる性格なので。
ちなみに今月誕生日で47歳なので、あと8年ですね。
  1. 2014/08/18(月) 01:01:23|
  2. 不労所得
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうするか?

きっかけはロバートキヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん。」がはじまりです。よくある話ですね。
自分のポケットにお金を入れてくれるものを買おうという極々単純な話です。
数年前に読みました。では何故それができていないか?やはりリスクがあるからです。
日本人はリスクを恐れてしまう傾向があるからですね、これもどこかの本で読みました。

でもリターンを得ようとすればリスクはつきもの、奴隷労働だって時間という重要なリスクを提供してますからね。

まずは、現在挙げられる不労所得を列挙することにしましょう。そしてリスクをいかに減らせるか?
その前に目標を立てましょう、我が家は4人家族月25万円あれば普通な生活ができます。
というわけで 25万円×12か月で300万円。
「300万円/年」これを目標にします。
  1. 2014/08/16(土) 11:18:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログのタイトルとカテゴリーを変えました。

最終更新から数か月、怒鳴られまくりの仕事から自主退職。
無理目の職種に奇跡の採用通知、しかし試用期間中に更新しない旨告げられる。
その理由を承知しかね、只今社労士会にて不服を申し立て。23日に相手先と調停予定。

不定期のアルバイトをしながら、職探しも既に3連敗。また奴隷的労働に戻るしかないのか?
せっかく、息子の志望校合格、希望職種に採用と将来も上向きかけたが急転直下。
もう会社はあてにできない、仕事を首にになっても大丈夫なように不労所得を考え、同時進行で行動開始。

今後、このブログは、調停と不労所得へ転換します。
  1. 2014/08/14(木) 16:53:31|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう2月なのね

気づけばもう2月、月始めから体調が悪く寝込んでいました。
仕事も有給を使って静養。
しかし、久しぶりの仕事に従事した時またまた大失敗、最近叱られることはあっても怒鳴られることはなかったが
「邪魔をしとんのか、少し頭を冷やして落ち着くまでそこにいろ!」
とやられてしまった。自分が悪いから仕方ないのだが、確認したはずなのにオカシイなやはり調子自体完全ではないのだろうか?と真剣に落ち込んでしまった。
最近は少々叱られるのはいい意味で受け流せるようになっていたのだが...。

昨日は大雪で出社して待機、その後帰宅指示が出たので4日休みとなったのだが、気分は落ちたままだ。
  1. 2014/02/09(日) 18:08:25|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

デリカシー

友人の墓参りには遠方のため連休が取れる日に行こうと思う。向こうの都合もあるし。

ところで、自分の仕事には10時と15時に30分昼食時には1時間の休憩がある。
以前先輩に、良く怒るリーダーは自分が何を考えているか解らないと言っていたので、
それからは、できるだけ話に参加しているようにしている。
話の流れから病気の話になり友人の死のことも話した。その時は「まだ若いのに気の毒だな、若い分がんの進行は早いと聞いたことがあるからな。」と気遣ってくれた言葉をかけてくれた。

ところが2~3日後、同じく休憩時間、そのリーダーは以前から婚活(離婚していて、子供は独立済み)をしていて、たまたま同じ婚活の会で昔の知り合いに出会いトントン拍子で結婚が決まったと話した。
自分は無難に「おめでとうございます。」と言い、「ありがとう」と会話した。

が、その後の休憩で婚活の会でお互い合意したら健康診断をしなければならないらしい。
しかしその後の言葉が信じられなかった。「ポリープ(リーダーが言うには良性の癌)でも発見されたら最悪だな。」と言った。

???自分の友人の死を知っているのに、そんなに簡単に口に出来る言葉か?いつも「お前は良く考えて話せ。」と言っているくせに。
自分には心にグサッと来た。「あんたが人の気持ちを考えて話せよ。」と思った。
デリカシー、思いやりといおうか、そんな言葉はあの人にはないのだろうか。
  1. 2014/01/29(水) 22:04:46|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。