不労所得への道

不本意ながら首をきられました。人生設計の転換を迫られています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

会社の方針

以前にも書き込んだが、当社の方針は個人の技術力よりチームの和を重視すること。

結果、9月末でリーダーが辞める方向になった。リーダーは、自分の不満よりも、入社以来一緒に仕事をしてきた先輩が不満を持っているのがショックだったらしい。

本社の上司がいうには、既に求人広告を依頼しているそうだ。
恐らくその先輩がリーダーになると思うが、自分も含めて新人の指導とともに元請けの要求を満たさなければならない。

萎縮して仕事をすることはなくなるだろうが、大人しい先輩は果たしてリーダーとしてやって行けれるのだろうか?
スポンサーサイト
  1. 2013/08/30(金) 20:34:59|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏休み

夏休み...といっても子供達の夏休み。
長男は中3なので夏休みの途中で引退。それまでは部活の毎日。長女は夏休み最初にレジャープールに連れていったきり。

でも今日は妻と3人でUSJに遊びに行っている。今帰りの新幹線からメールが入った。
自分は仕事、まだ3か月目なので有給もないし、日給月給で休めば収入も減る。特に今月はお盆休みがあったり
熱中症で休んだりとかなり厳しい。

休みが合えば、夏休みがおわってからでもいいから4人でどっか行きたいな。
ところで子供達は楽しめただろうか?小3の長女には難しいかもしれないけど、是非ウォーターワールドには行っといて欲しいな。
  1. 2013/08/27(火) 21:23:16|
  2. 家族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

急展開

先週営業部長が、よく怒鳴るリーダーと面接したらしい。そのときは「いくら仕事でも怒鳴りちらす。」ことはパワハラにあたると説明したらしい。
特に今回は、聞き方にとっては部下の家族を侮辱するような言葉の暴力は絶対許されないと...
部長はその時、リーダーは納得したと感じたらしくひとまず落ち着いたと感じたそうだ。
だから君も安心して働いてもらいたいと言われた。

しかし次の日、作業の準備を自分とリーダーとしていたとき「自分にはパワハラもセクハラも関係ない。」と突然言われた。
昨日の今日、今日は特に失敗もしていない「何故突然そんなことをいうのだろう。」と、何だか「早く辞めろ」感じてしまい作業に身が入らなかった。
昼休み考えた結果、どちらかが引かないといずれ喧嘩になると思い本社に退職の意志を伝えた。

結果、仕事の終わりに両名とも本社に来るように言われ6時頃別々の部屋で聞き取りが行われた。
部長も昨日の今日でそういう発言をすることに馬鹿にされたと感じていると。また今までも他の人間からも暴言について何回か相談を受けたことがあることを打ち明けられた。
だから、どちらかが辞めるなら技術力は上だがリーダーに辞めてもらう、これは会社の方針だからとも。

果たして、月曜日の出社メンバーはどうなっているのだろうか?
  1. 2013/08/25(日) 07:49:15|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聞き取り

今日は仕事が終わった後、本社に来るように言われていた。
6時前本社に着くと、営業部長を始め会社の幹部と応接室に集まった。
話は作業場のリーダーのこと。営業部長はアメリカ留学の経験があるらしくパワハラについては神経質になっているらしい。
指導するにしても怒鳴り声を上げるのは立派なパワハラだそうだ、しかも「どんな躾を受けてきたんだ。」と両親を愚弄する発言は絶対に許されるものではないと。
どおりで今日は、手間取っていても原因と改善策を現場を確認しながら指導してくれたわけだ。
しかし結局自分のレベルの低さが原因なのは間違いない。

一時は辞めようと考えていたがここまで考えてくれているし、熱中症で倒れたときも最後まで付き合ってくれた上司のためにもう少し頑張ってみようと思う。

  1. 2013/08/19(月) 20:57:50|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

つかの間の休日

今日は連休後初めての休日。昨日はハードな作業だったため休養にあてようと考えていた。

しかし昼過ぎ、何だかもったいないなと思いあてもなく車を走らせた。どこにいこう?
お盆過ぎしかも夕方近い、もう海はすいているかな?という思いから近くの海水浴場に向かった。
海の家で飲み物を買い、あてもなくボーと海を眺める。まだ暑いからか結構な遊泳者がいた。遠くにはジェットヅキーも何台か走っていた。
数十年前は小型船舶の免許を取ろうとしたこともあったな、そのときは一緒に取ろうとした友人の都合で結局いかなかった。
ジェットスキーは若い男女が楽しそうに遊んでいる。多分今はお金があっても買おうと思わないだろうな。
父が昔スポーツカーは金を生まないといって、軽トラとかワンBOXカーばかりを乗り継いでいたのを思い出した。今は少し分かるような気がする。貧乏になったせいか、年を取ったせいか、それとも両方だろうか。

しかし帰宅後ヤフオクでジェットスキーを検索したのは未練があるからだろうか?
  1. 2013/08/18(日) 19:17:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新展開

自分の作業場と会社は別々のところにある。会社は通勤途中なので書類などを届けたり、受け取ったりもしている。
今日は健康保険証ができたと連絡があったので、仕事帰り会社に寄った。
総務は既に帰社しており、自分の作業場の営業担当者に預けられていた。そこで担当者に少し話をしないかと言われ隣の席に案内された。
実は、明日自分がよく怒鳴られるリーダーが社長と面談するという。その時の情報を欲しいみたいだ。
自分はまだまだ技術が未熟なので叱られるのは仕方がないと無難に答えておいたが、ホントにそれだけ?
と聞かれた。

過去、5年ぐらいリーダーをしていた先輩が、今のリーダーが入社したとき今の技術力も上で、しかも年上ということでかなり責められたらしい。
そのせいで先輩はリーダーを替わってくれと会社に懇願した経緯があったそうだ。

その話を聞いたとき正直に「どんな躾を受けてきたんだ。」と間接的に親を馬鹿に発言をしたり、道を間違えると「地元だろうが馬鹿」とか今でも心が傷つくことがあったと答えた。

営業担当はいくら技術力があっても、チームワークを乱す人には改善できなければ辞めてもらうという。

果たして明日の社長とチームリーダーの懇談結果はどうなるのだろうか?
  1. 2013/08/16(金) 20:12:02|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

墓参り

我が家の墓は自宅から自転車で3分のところにある。
仕事や買い物に行く前によく通るが墓参りというのはいつ以来だろう?

実家の両親は一昨日すませていると聞いていたので、夕方涼しくなってから自転車で墓参りにでかけた。
妻子は実家に行っているので一人で行ったので、水をかけるだけの簡単な墓参りだった。
昔、霊園会社に勤めていた時期、水は真上からたっぷりやると良い、と聞いてていたのでバケツ一杯の水を持っていった。
祖父と曽祖父の墓にたっぷりと水をかけ、安眠を願いお墓を後にした。

しかし、やっぱり子供達を連れていきたい。明日実家により仏壇にお参りしたあと子供達を連れてもう一度行ってみよう。
できればお花も持参したいな。
  1. 2013/08/14(水) 19:34:07|
  2. 家族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれから

熱中症で倒れてから2日、点滴に完全回復したのだが様子見で1日休むように医師から言われたため結局連休になった。
連休は嬉しいのだが日給の身としては収入面で痛い。しかも結局家から出ることはなかった。

そして月曜日出勤の日、現場事務所に本社から営業責任者を交えて今回の件でミーティングが行われた。
そのときチームリーダーの一言が心に残っている。「木陰で寝て休憩していると元請けの巡回警備に見られて大変なことになるので、車にクーラーをつけて休むように指導した。」と。
なんだ結局、日頃チームワークだ健康管理だと言いながら自分が面倒になるのが嫌なだけだったのか...。

しかも「熱中症になる前兆があったはず。」とも。確かに自分の作業効率の悪さでチームリーダーに怒鳴られここ何日か睡眠薬を飲んだにもかかわらず寝不足になっていた。
自分の性格なのだが昔のトラウマで怒鳴られると萎縮してしまい、後に引きずってしまう。
何とか月曜日は作業をこなし今日から3連休に入るが、上手く気分転換しなければ。
  1. 2013/08/13(火) 19:38:36|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未知の体験

連日の炎天下、昨日も朝から30℃ごえ。しかも睡眠薬が切れていたためかなりの寝不足。
朝の作業は芝刈り、芝刈り機で刈っていくのだが、配管や配線があって狭いところも多い。

そんな中、作業開始後1時間水分補給を取ろうと、水筒をもって日陰に座り一杯お茶を飲んだところ突然頭が白くなりその場に倒れ込んでしまった。
そして上半身に痺れ特に両手が動かない。何とか歩ける状態だったので、チームリーダーに休憩を依頼し冷房をつけた作業車で休むよう指示された。

しかし痺れは全身に、過呼吸、吐き気もある。「ひょっとしてこれが熱中症?」
両手が動かないので水も飲めないし、気持ち悪いのにメットも手袋も取れない。30分後会社の人が病院に連れて行ってくれた。

病院に着いたときは、全身の痺れは最悪に、しばらく待たされた10分間が何時間にも感じた。
診断は予想通り熱中症。血液中の水分が不足しているらしい。すぐに点滴が開始された。その量2ℓ6時間ぐらいかかっただろうか。

足、頭と徐々に痺れは消えていき、両手の指も動くようになった。
そして医師との問診、炎天下での作業が多いため、こまめに水分補給はしている。それでも熱中症になるのか?
そんな疑問を医師に問うと、胃の中に水分は多くあっても血液中に水分が足りないと十分起こりうると説明された。
それを防ぐには、お茶やお水以外にも血液に吸収しやすいスポーツドリンクなども併せて飲むように指導された。

とにかく熱中症は死にもつながる病気、自分の体に合わせて休憩や水分補給を取らないといけないと感じた。
  1. 2013/08/09(金) 19:37:34|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

つい口に出しそうに

今日も朝から口の汚い上司に叱られながら作業。今までは反省し前向きに考えてるように努めていたのに...。
今回は返す言葉もなく、つい黙り込んでしまい「辞めます。」と口にだしそうになってしまった。
何とか、教えを請う言葉を口にし耐えぬいたが、精神心的に参ってしまいその後の仕事は身が入らず、昼食も残してしまった。

先輩も「優先順位を考えて仕事をしろ」と叱られていたが、先輩は作業効率を考えて仕事に取り組んでいた。
勿論、先輩から上司に優先順位を聞くというのも必要だが、上司が命令してやっても良いはず。
自分も話を聞いている中からは、どこが優先順位が高いかは判断できなかった。

まだ火曜日なのに、休みが恋しい自分が情けない。

  1. 2013/08/06(火) 20:29:18|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月1回の病院通い

昨日は月1回の診療内科、5月6月と調子が良かったので薬を減らしていた。
が、新しい仕事への環境の変化、1か月以上経っても上手くできない作業、今まで以上に寝れない時間が増えている。

結果睡眠薬を増やすことになった。種類は一緒だが量を倍、またはそれ以上にして1ヶ月以上睡眠が取れるようになってから減らすかどうか検討しようということらしい。
体は肉体労働で疲れているのになー。エアコンもつけてねているから就寝環境は問題ないのに。
寝付いてから2時間後には眼がさめてしまう。そこから5分間~30分間感覚で目が覚めてしまう。

来週は6日間勤務、天候も猛暑日が続く予報。上司との会話も少なくなっている。「継続は力なり。」「起きてもしないことを心配しない。」
という言葉を胸にあと半日ゆっくり過ごそう。

そうそう、昨日変えた薬は効果があったみたいで、途中起きる回数は1回のみだった。
  1. 2013/08/04(日) 12:14:24|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジャブ?

金曜日、広めのグランドの草刈りをし、途中休憩所で休憩中のとき...
「あれ、この風景いつかどこかで見たことあるぞ。」という感覚が湧き上がってきた。
休憩所はここ1か月使っているところで、もう何回も利用しているが、グランドの風景、その後の休憩所での雰囲気への流れ確かに前見たことがある。
これってデジャブっていうやつ?絶対今日初めてきたところだし、実際に遊んだことがあるグランドとは明らかに違う。休憩所もプレハブ小屋みたいな休憩所を利用したことはない。

どうせなら、宝くじでもあたったデジャブを経験したいな。ついでに欝も治っていれば完璧なのに。
  1. 2013/08/03(土) 21:58:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。