不労所得への道

不本意ながら首をきられました。人生設計の転換を迫られています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仕事を続けてきて

最近痩せたねとよく言われる。
もともと学生時代、正確に言えば自動車通勤を始める前までは痩せ型の体型。

しかし歩くことが少なってきてから体重が増えてきた。
最高で78㌔、身長は170だからBMIという計算では肥満とまではいかないものの近い状態の時もあった。

だが、今の仕事は肉体労働。夏の暑さを乗り越えたときは12㌔減っていた、となると標準体重の73㌔にしたいという欲が出てきた。
少し涼しくなりペースは落ちたものの、ついに昨日73㌔を切った。
筋肉もつき、腹筋も割れ欠けはじめている。

きつかった服も余裕できれる。体も幾分か軽いような気がする。
でも一つだけ問題があるんだな、実は皮が余ったようになっている。ちょっとした貴乃花状態。
この皮、もっと頑張ればおちるかな?
スポンサーサイト
  1. 2013/11/05(火) 21:17:29|
  2. いい事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

繰上げ返済しました。

自治体に売却した土地の代金が入金されたので本日繰上げ返済の手続きをしてまいりました。
といっても、次の通常返済日と同じ日になるため8月になるのですが。

しかし返済シミレーションで軽減額と期間を見てみると結構減りますね、それだけ低金利でも期間が長いと利息を払わないといけないとういうことですね。銀行が住宅ローンに力を入れる訳です。
ところで手数料、結構取られました。ネット銀行では無料とかある時代、4年前は普通ぐらいだったのか?
しかし親が住宅ローンを組んだH4頃は7%と言ってたな、それに比べれば上をみてもしょうがないか。
何とか今の仕事を続けてもう1回繰上げ返済したいな。今度は返済額軽減で月々を楽にしたいな。

  1. 2013/07/16(火) 21:37:22|
  2. いい事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一流企業の現状

ちょっと前に「いい事」のカテゴリーで、父親の二束三文の土地が用地買収にお金が入ってきたことを書いた。
二束三文といっても県道に面していて将来自分に譲ってくれることになっていたので、自分のところにも少々お金が入ってきた。

本来無職の自分、貯金なりしておくべきというのが大多数の意見だろう。
しかしベランダが無く2階に洗濯機がある我が家、パートで大変な妻に上や下に何回も往復させるのもしのびない。
結局、2階にバルコニーを造ることにした。脆弱な作りだと命にかかわる場所なので建築したメーカーにお願いした。

一応名の知れたメーカーなのだが、仕事は遅いしよく間違える。
4月中旬に契約し、5月GW明けには完成の契約だったのだが...。
・まずは材料が入ってこないので2週間ほど遅れる。
・バルコニーを造るに際し、窓を替えないといけないのだが、本来サッシの色を選べるのに勝手に聞いてこないうちに注文している。
・付随工事で段差解消の工事の見積りを依頼したのだが、いつまでたっても見積りが出てこない。
そして今日、やっと工事が始まったのだが、昼過ぎに現場を見てみるとバルコニーの土台の幅を1.5間で契約したはずが、どうも短い。
契約書を確認しても1.5間になっている。すぐに職人に聞いたところ部材は1間で入っているとのこと。
早速契約メーカーに問い合わせると、1時間後ぐらいに訪問してきた。
「取引業者が発注ミスしたらしい。」とのこと。しかし自分はメーカーと契約したので取引メーカーは自分とは関係ない。「すぐにやり替えてくれ。」というと「入荷まで2~3日かかる。」とまた遅れることを言ってきた。

無職の自分でも、例え取引業者のミスでもあくまで契約したのはメーカーだから、メーカーで責任を取らなければいけないのはわかる。決して「取引業者のミスだからウチには関係ない。」と取られかねない発言はしない。
何でこういう連中が一流メーカーの高給取りで自分は無職なんだろう。
  1. 2013/05/23(木) 17:23:22|
  2. いい事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪い知らせといい知らせ

今日は悪い知らせといい知らせがあった。

まずは悪い知らせ。今日は職業相談の日ハロワークに向かおうと準備していると携帯が鳴った。
1月に交通事故にあったときに使った車の修理工場からだ。
直進の私の車に早く曲がろうとした右折してきた軽にぶつかった事故だ。
私はカーブを抜けた後の信号だし、橋の上なので凍結が考えられたため十分速度は落としていた。
相手は50歳ぐらいのオバサン。向こうも非を認めたので1対9で示談がまとまった。
私の車は父の車なのでなるべく保険は使いたくない。修理代は16万程度だった。向こうは12万円程度(そんなには見えなかったが)。
修理工場は、相殺して私には追い金がでないように言われた。しかし今朝の電話では1万2千円追い金がでたと言ってきた。
じゃあ相手が1千万のフェラーリーで、こちらが価値のないボロ車の場合、相手が9割悪くてもバンパー交換百万円となったら10万円払わないといけないのか?
と保険会社に聞いたら法律では「そうなる」と回答された。
そのための自動車保険なのだが納得がいかない。過失割合が高い方が多く払うなんて。
しかももう2か月近く経っている。この金欠の中払わないといけないのか?

次はいい知らせ、と言ってもまだ確定ではない。子供のころから憧れだった乗りもに関する仕事の書類審査に通った。
面接は1週間後、ハローワークでは30~40歳がターゲットらしいと聞いていたので望みは薄かったが1次面接とはいえ嬉しい。
念のため一件求人を申し込んで帰ったが当面の目標は来週の面接に全力を尽くすことだ。
  1. 2013/04/16(火) 18:48:28|
  2. いい事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少しいい話の続き2

今日、以前アップした区画整理で解体する予定の倉庫の撤去が終わった。
足場を組み始めてから実質3日間、早いものだ。交渉相手を少ないことはあるが役所とは違う。

ところで、父親には買収金額の2/3程度は、既に振り込まれていたそうだ。残りは完成検査が終わってからとのこと。
県との契約が終わってから1週間以内には入金されていたらしい。

今自分が住んでいる家を建てたとき、お金がなくて外溝はしなかった。両親はカーポートやフェンスを造った残りの半額を譲ってくれると言ってくれている。
ありがたい話だ。そうなると外溝(これは妻のたっての希望)を安くあげて、繰り上げ返済に少しでも多く回すしかない。
幸か不幸か今は無職、時間だけはたっぷりある。少しでも安い業者を見つける努力も、仕事探しと並行してやろう。

と思ったら、給料は少ないところだが一次審査合格の通知がきた。気候も良くなりウツになる回数も気のせいか減っている。
この調子で進めばよいな。
  1. 2013/04/02(火) 15:20:06|
  2. いい事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。